リフォームお役立ち情報

リフォームお役立ち情報

補助金シリーズ:省エネ住宅ポイント

どんな制度?

環境によい、住宅の新築やエコリフォームを行うといろんな商品や、リフォーム費用に変換できる制度。1ポイント=1円換算で、リフォームの場合は最大30万ポイントが貰える制度です。

どんなリフォームで使えるの?いくらもらえるの?

1.窓の断熱改修工事

もらえるポイント3,000〜20,000ポイントが窓1枚ずつ発生し、窓の大きさと工事内容(ガラスだけか、窓自体全体なのか)で決まります。

2.外壁・屋根・天井または床の断熱改修工事

もらえるポイント外壁・屋根・天井、床の断熱改修や、全体か、部分回収かで変わります。部分の定義は断熱材の使用量で決まります。18,000~12,000ポイントが発生し、これも工事部位(屋根、外壁それぞれという意味)ごとにポイントが発生します。

3.次のうち、3つ以上の工事を行った場合

  • 節水型トイレ
  • 節湯水栓
  • 高断熱浴槽
  • 高効率給湯器
  • 住宅用太陽熱利用システム

※「節水」や「高効率」などくわしい基準は難しいので、対応商品一覧から選べば大丈夫です。

もらえるポイント節水型トイレ…24,000ポイント、節湯水栓…3,000ポイント、高断熱浴槽…24,000ポイント、高効率給湯器…24,000ポイント

4.上記の3つのどちらかと一緒に次のリフォームを行った場合

  • 手摺(てすり)
    浴室、便所、洗面所、廊下・階段、それ以外の手摺
  • 段差解消
    屋外に面する出入り口の段差解消(玄関の段差など)
    浴室の段差解消
    屋内の段差解消(ドアの段差など)
  • 廊下幅の拡張
    通路の幅を拡張(車いすを通りやすくしたりなど)
    出入り口の幅を拡張(こちらも車いすをとおりやすくしたりなど)
  • 耐震工事

もらえるポイント1〜3の工事分のポイントと、4で実施した工事のポイントの両方が貰えます。

まとめ

結論、どれくらいのポイントが貰えるかは、一度リフォーム会社に見てもらって確認する事が一番です。ただ、難しく考えずに窓・外壁・屋根などの断熱リフォームと、バリアフリーリフォーム、あとは水廻りのリフォームはポイントが付与されると考えれば問題ないかと思います。

では、その付与されたポイントはどこで・どのような商品と交換できるか?につきましては、我々リフォーム会社としては、ポイントを即時交換(すぐにリフォームで使う事)して、無料で他のリフォームをして頂けると嬉しいです^^

まずはお気軽にお問い合わせください。皆様が分かるまで「砕いてわかりやすく」ご説明致します!