スタッフブログ

家の総合点検は、こんな事をやってます。

2014年12月1日

家の総合点検は、こんな事をやってます。

2014年12月01日

ひさしぶりの更新となりました。

サボってしまいまして申し訳ありません。。。。

初イベントが終わり、気が緩んでおりました。ダメダメです。

 

今日はお客様宅へ訪問時に一番質問を受ける、「家検」について、

サービスの詳しい内容を書きたいと思います。

 

以前のブログでも家検の事については書きましたが、

その時は家検の必要性について書いており、実際のサービス内容は書いておりませんでした。

 

 

まず、どんな所にどのようなチェックをするかと言いますと、、、

建築士がこれだけの箇所を丁寧に点検します。←クリックお願いします!

 

 

例えば屋根裏だと、、、

11月 1日 058

 

こんな感じで屋根裏の奥まで入ってカビや柱、梁などのヒビ割れなどもチェックします。

 

床下も入念にチェック。カビや蟻の被害、束石の状態などもきちんと確認致します。

DSCN0297

 

 

屋外の確認も1か所ずつ丹念にチェック。手抜きは一切致しません。

11月 1日 037

 

ですので、全てのチェックは最低でも2時間、長いと3時間を超える場合もあります。

 

検査当日に主だった結果をお客様にご説明し、別日程にてきちんと写真なども添付した

調査報告書を作成してお持ちし、再度説明させて頂いております。

 

勿論、リフォームの必要性があれば提案致しますが、

不要と判断すれば、調査報告書の説明を行ってお渡ししたらそのまま退散致します。

 

お客様はこの調査報告書で今後の住み方について考える機会になったり、

普段はあまり考える事がない、「○年後の家の在り方」について、ご家族様で話す機会になればと思っております。

 

興味ある方はお気軽にご連絡下さい。

家検をやる・やらない抜きにしてこのようなサービスがある事と、必要性を理解するだけでも

十分有意義な時間になります。

 

お待ちしております!

 

宮本