ニュース

ニュース

外壁補修シーズン到来!

2015年5月7日

外壁補修シーズン到来!

2015年05月07日

OBのお客様にはニュースレターでもお伝えしておりますが、

雪が溶けて暖かくなってきた4月から外壁の補修シーズンとなりました。

 

雪が降らない地域では季節に関係なく(梅雨はちょっとツライですが。。。)外壁の補修ができますが、

降雪エリアでは雪解け=外壁補修シーズンなんです!

 

昨年の家の総合点検などで既に外壁の補修を今年行う予定だったお客様は勿論ですが、

昨年は問題なさそうだったのに、雪解けの際にチェックしてみたら外壁が剥離してた!

なんてお客様からご連絡頂くケースも多いです。

 

外壁の天敵は日光、雨、風、そして雪なんです。(当たり前と言えば当たり前でスミマセン。。。)

特に降雪エリアの窯業系サイディングの家は、どうしても凍害の被害を受けやすいです。

 

窯業系サイディングはセメントと繊維質を主な原料として作られており、どうしても目に見えない

微細な穴があるため、その穴に水が入って凍結して膨張して外壁を壊す。。。という、流れで外壁が壊れて行きます。

 

外壁は剥離が始まると一気に損傷スピードが早くなる為、早急の対応が必要となります。

 

こういった予期していないリフォームはどうしても後手に回り、やりたいリフォームになりにくいものです。

そういった事が無いよう、状態が悪そうなところがなくても、定期的なお家の健康診断を行って

「何が、どういう状態で、いつまで持って、補修に幾らくらいかかりそうなのか」が把握できれば、

「攻めのリフォーム計画」を考える事が可能です。(例えが適当かどうかは、、、すみませんm(_ _)m)

 

まずは皆様の目で、家の診断を行われてみて下さい。

家は皆様の大切な財産です!!

 

宮本

家検