スタッフブログ

お風呂をキレイに長持ちさせる為には。

2015年5月17日

お風呂をキレイに長持ちさせる為には。

2015年05月17日

お風呂の改修のお仕事も頂戴しておりますが、お風呂のヨゴレ具合もご家庭によって様々。

 

では、お風呂を出来るだけ長くキレイに使う為には、、、、

やっぱり「日々の掃除とお手入れ」が一番大事です。

 

では、、、今日から始められる「キレイなお風呂長持ち作戦」をお伝えします。

特殊な洗剤やらお掃除道具を買う必要はありません!

ポイントは、「お風呂を最後に使う人が、出る前5分間の奉仕活動」を行う事です^^

 

 

 

①洗剤を使わなくても良いので、床から30cmくらいの高さまでスポンジ等でサッと洗って下さい。

 

→お風呂の主な汚れはカビと身体を洗った後の石鹸の残りなどがこびりついてくる事によるものです。

特に石鹸などの残りの汚れ(白っぽいヨゴレです)は、こびりついたら専用の薬剤を使わないと落ちなくなりますが、

日々簡単でも結構ですので最後にお風呂から出る人がササっと洗うだけで汚れ方は全然違ってきます。

 

お風呂掃除

 

 

 

②熱湯シャワー→冷水シャワーでカビ撃退!

お風呂の汚れで大敵なカビ。頑張って洗っても目地の部分が少しずつ黒ずんできますよね。

この黒ずみを出来るだけ遅くさせる為には、カビ菌を殺す事。

 

こちらも①同様、最後にお風呂から出る人が、45℃~60℃の熱湯で壁、床、浴槽にシャワーをかけ、

その後は冷水にしてシャワーをお願いします。

この温度差攻撃でカビ菌の繁殖を抑えられます。

 

シャワー

 

 

 

 

③最後はやっぱり換気!

乾燥させてしまえばカビ菌もヌメリもつきにくい!

換気扇がついているご家庭は、出来れば朝までつけっぱなしでお願いします。

窓もあれば換気扇&窓もあけるとベスト。

(窓については防犯が最優先です!無理に開けないでくださいね。)

 

あとは、日中もお風呂のドアを締めきったりせずに出来るだけ開けておくとなお良しです。

「出来る限り締めきらない!空気を循環させる!」がポイントです。

換気扇をお風呂後から朝までつけっぱなしにしていても、月に100円も電気代がかからないケースがほとんどです。

 

 

 

これでお風呂の寿命はだいぶ伸びます!

実際に我々がお伺いした時も、同じ築年数でもびっくりするぐらい傷み具合が違います。

違いはやっぱり「日々のお手入れ」でした。

是非お試しください!

 

宮本